接骨院開設に必要なこと|初めて会社設立するならプロに相談を|サポートしてもらって成功に
男性

初めて会社設立するならプロに相談を|サポートしてもらって成功に

接骨院開設に必要なこと

治療

身分は法律が保証

傷病の治療や健康増進を目的とする施設の運営は、その性格からして景気等に関係なく安定した収益が期待できるとして人気があります。さらに、その業務に携わる者の身分が法的に地位を保証されたものであれば、なおさらです。柔道整復師が開業することのできる接骨院も、そうした施設の1つです。接骨院はまたの名を整骨院ともいい、骨折・捻挫・打撲など、主として骨や筋肉、関節などの故障に係る治療を提供する施設です。柔道整復師は専門学校等で学習した後に国家試験に合格することで取得できる、業務独占資格です。柔道整復師の行う施術は、一定の要件を満たすものについては健康保険の給付対象となります。また、接骨院は労災の指定治療施設になることもできます。

経営の工夫が成功を呼ぶ

このように制度的な保証が手厚い接骨院ですが、言うまでもなく民営の施設であることから、必ず成功するとは限りません。そのため、開業に際してはさまざまな工夫が必要となります。一例を挙げるなら、開業場所です。常識的には駅から近い、通いやすい場所が適していると言えますが、その他の要素も考慮する必要があります。たとえば中学校や高等学校の近くに開業すれば、スポーツ障害の治療に対する高いニーズが期待できます。また整形外科の近くに開業すれば、急性期の治療は整形外科医が、慢性期は柔道整復師が担当するといった具合に提携を図ることも可能です。さらに、施設自体のコンセプトも重要です。保険診療をメインにするか自由診療に力を入れるか、鍼灸師を雇い入れて診療科目を増やすかといった運営方針を明確化することで、他院との差別化を図ることができます。